六年制大学に通う

以前は薬剤師になるには四年制大学の薬学部に通うのが一般的でしたが、これからは六年制の大学の薬学部に通う必要があります。実際に以前のシステムの時代に国家資格を取って現役の薬剤師をしているかたの意見としては、四年制では学びきれなかったことが、実務についてからたくさん出てきた、というものも。四年制では補いきれなかった調剤の実習などさまざまなカリキュラムが追加され、六年制の大学の薬学部に通うようにシステムが変更されてきた、ということです。

大学の薬学部に入るには、理数系の教科、そして英語をしっかりと理解しておくことが必須で、さらに大学に入学するとその理系の授業のレベルが格段に上がるんだとか。また六年制の時点でどうしても考えておかなくてはならないのは「学費」について。私大の場合は軽く1000万円以上、場合によっては2000万円ほど学費がかかるということですので、学費について不安がある場合は学費を抑えることができる国公立を目指すほうがよいでしょう。

ちなみに現在の国立大学の薬学部の場合で350万円程度だそうです。これだけ学費に差があるなら、なんとしても国立大を目指したいものですね。また入ってからのレベルも高いため国家試験合格への近道となるはずです。