カテゴリー: 未分類

国家資格を取得

六年制大学の薬学部を卒業すれば、まず薬剤師の国家試験の受験資格が手に入ります。まだこの段階では受験資格でしかありませんので、ここから国家試験に合格すれば、晴れて薬剤師として業務に携わることができるようになります。しかしこの時期にさまざまな状況が起こるケースがありますのでとにかくしっかりと勉強を行っておかなくてはなりません。

というのは六年にわたって難しいカリキュラムをこなしてきたにもかかわらず、卒業見込みとならなければ国家試験を受験できなくなってしまう、ということ。実際大学の薬学部でもこのような事態が起きています。また留年してしまうなどの場合、余分に時間もお金もかかることになってしまいますよね。その上国家試験に落ちてしまったら受かるまで再受験するのも精神的にも大変なものです。

実際に薬学部を卒業して国家資格を取得したかたに伺うと、大学時代は研究やレポートなどが毎日あり、アルバイトなどはできない状況だったんだそう。そこまで勉学にいそしんではじめて大学卒業見込みとなり国家試験の受験資格を得て、その上で国家試験に合格してやっと薬剤師になれるのです。
長い道のりですが、資格をとれば、そこからは仕事について実践していくだけですので頑張りましょう。

六年制大学に通う

以前は薬剤師になるには四年制大学の薬学部に通うのが一般的でしたが、これからは六年制の大学の薬学部に通う必要があります。実際に以前のシステムの時代に国家資格を取って現役の薬剤師をしているかたの意見としては、四年制では学びきれなかったことが、実務についてからたくさん出てきた、というものも。四年制では補いきれなかった調剤の実習などさまざまなカリキュラムが追加され、六年制の大学の薬学部に通うようにシステムが変更されてきた、ということです。

大学の薬学部に入るには、理数系の教科、そして英語をしっかりと理解しておくことが必須で、さらに大学に入学するとその理系の授業のレベルが格段に上がるんだとか。また六年制の時点でどうしても考えておかなくてはならないのは「学費」について。私大の場合は軽く1000万円以上、場合によっては2000万円ほど学費がかかるということですので、学費について不安がある場合は学費を抑えることができる国公立を目指すほうがよいでしょう。

ちなみに現在の国立大学の薬学部の場合で350万円程度だそうです。これだけ学費に差があるなら、なんとしても国立大を目指したいものですね。また入ってからのレベルも高いため国家試験合格への近道となるはずです。

高校での心構え

薬剤師になる、と決めたら、その段階からしっかりとまんべんなく勉強を続けていくことが必要となります。まだ中学生の段階であれば、よりハイレベルな高校を目指して進学しておくことがさらに薬剤師への近道となります。これはなぜかというと、やはり高校での勉強如何で大学への進学が左右されるものですので、一般的なそれなりの学力で入れる高校に行くよりも、さらにレベルの高いところで学んでおくほうがより大学受験にも有利だからです。

また高校時代の勉強についてですが、どの教科もしっかりと学んでおくことが大切ではありますが、薬剤師になるならより完璧に学んでおきたいのは「化学」と「英語」だそう。高校で学ぶ科学は、薬学科に入るとまるで赤ちゃんがお勉強しているレベルと感じるくらい、高度な勉強をいきなり始めるようになるということです。

そういったことを考えると、高校までの化学については完璧に理解しておく覚悟で学ぶことが重要となります。また薬剤師を目指すなら六年制大学に通うことになりますので、学費面を考慮するなら国公立を目指したいもの。やはり国公立のほうが私大よりレベルが高い傾向がありますので、狙えるようにしっかりと学んでおきましょう。

薬剤師になりたい!

調剤薬局などで専門知識を使って活躍している仕事である「薬剤師」。薬剤師には国家資格があるため、これを取得していると、住居を移転しても活躍の場があるため、非常に人気の職種となっています。しかし少し触れたように国家資格が必要なものですので、ただなりたい!と思って簡単になれるものでもない、ということも現実です。ここでは薬剤師になりたいなら、どのような進路をたどる必要があるのか、ということを簡単に解説します。現在は薬学科も四年制大学も存在していますが、将来的には六年制の大学の薬学科に進むことが本筋となってきます。

現在も四年制大学に通っている場合は大学院に進み、さらに二年間の勉強を行わなくてはなりませんので、これから目指すなら六年制の大学ということになります。さらにこれらの必要な知識と技術を身につけたのち、国家試験を受けて合格しなければ薬剤師にはなれません。
また概して薬学科は学力もハイレベルでないとついていけないものですので、薬剤師を目指す、と決めた段階で猛勉強を開始し、まずはハイレベルな学力の高校を目指すこともポイントとなります。

一般的な学力の高校に通っているだけでは、回りの雰囲気もあり、より高みを目指すモチベーションが保ちにくかったり、別で高額な費用をかけて塾に通わなくてはならなくなる場合もありますので、高校受験前に目標が定まっている場合はそこから勉学の速度を上げておきましょう。
次のところでは高校や大学、国家試験までの流れを解説します。